川本和彦 Kazuhiko Kawamoto ボーダー

1985年より

ジャズダンスを始め その後東京にてクラシックバレエに転向。

1991年より

宮城昇バレエスタジオにて宮城昇に師事。

2001年7月
Kawamoto Ballet Studio 設立。 2007年5月

桂坂教室(現洛西教室)開校。十字屋カルチャーセンター高の原 開校。

2008年5月

西大津教室開校。同スタジオ公演をはじめ全国各地でノーブルダンサーとして活躍。現在は、ダンサーの経験を生かしてキャラクターを中心に活躍する。他各地で後進の指導にあたっている。

指導者賞受賞
第64回NAMUE名古屋 最優秀指導者賞
第5回全国鎌倉バレエコンクール 優秀指導者賞
第67回NAMUE東京 優秀指導者賞
JBC高松2015 優秀指導者賞
第68回NAMUE神戸 最優秀指導者賞
第7回全国鎌倉バレエコンクール 優秀指導者





近藤百代 Momoyo Kondo ボーダー

3歳よりバレエを始める。1990年より京都バレエ専門学校予科へ編入。1993年より同校専門課程入学と同時に同校児童科助教師となる。 在学中 ヤンヌイッツサマーセミナー上級クラス受講。関西・中国地方等のスタジオへゲスト出演。イギリス・フランス(パリ・プレザール)にての研修に参加。安達哲治・本多恵子・高橋弘典・高橋純子に師事。パリ・オペラ座等の教授に師事。同校卒業と同時に有馬龍子バレエ団に入団。その後、京都バレエ専門学校にて教師を務める。コッペリア全幕(ルシアン・デュトワ振付)白鳥の湖(安達哲治振付)ダンス組曲(ルシアン・デュトワ振付)びょうぶ(有馬龍子振付)等の公演にソリストとして出演。現在は宮城昇バレエスタジオにて宮城昇に師事。また振付けにも力を注ぎ、2013年パリ国際コンクールショッソンドールin Parisではアダージオ・創作の2作を振付けし、金賞へ。2015年 イタリア国際バレエコンクール・2017年 ウィーンにてヨーロピアングランプリ国際バレエコンクールにて自身の振り付け作品「夕鶴」が第3位を受賞。文部省認定バレエ専門士取得。専修学校教員資格取得。

  



宮城昇 Noboru Miyagi (大人の為のオープンクラス担当) ボーダー

3歳より京都の有馬バレエ学園にて、有馬龍子、薄井憲二両先生にバレエの手ほどきをうける。
1968年
東京青山学院文学部入学と同時に、松山バレエ団に入団。東京シティバレエ団を経て、東京バレエ団に入団。大学を卒業後、東京バレエ団を退団。
1975年
フランス国立マルセイユ・ローラン・プティバレエ団入団。同バレエ団の世界各地のすべての公演に参加。2年目には、マルセイユ・オペラ座バレエ団のソリストも兼任。
1977年
帰国後ダンサーとして活躍する傍ら、教師としても指導性を発揮。
1983年
「宮城昇バレエスタジオ」を開設。以来全国のバレエコンクールにおいて多数の優勝者を輩出。審査員も務める。また、世界コンクールにおいても多数の受賞者を出し、自身も多くの賞を獲得している。
2008年
第1回南アフリカ世界バレエコンクール(ケープタウン)にてゲスト・ティーチャーとして全クラス担当する。

1987年 第44回全国舞踊コンクール「石井漠賞」
1991年 マリカ・サビリワ記念国際コンクール「ベストパートナー賞」
1992年 第1回ディアギレフ記念国際バレエコンクール「最優秀指導者賞
     第2回ペルミ国際バレエコンクール「特別指導者賞」
1993年 第7回モスクワ国際バレエコンクール「指導者賞」
1994年 第3回ペルミ国際バレエコンクール「特別指導者賞」
1995年 北九州&アジア全国洋舞コンクール「指導者賞
2002年 第59回全国舞踊コンクール「優秀指導者賞」
2004年 第1回青少年のためのバレエ・コンクール仙台「優秀指導者賞」
2010年 第6回青少年のためのバレエ・コンクール福岡「優秀指導者賞」



特別講師
朝枝めぐみ Megumi Asaeda (谷桃子バレエ団)
小田嶋幸美 Yoshimi Odajima
ファーストステップクラス 月曜日担当 洛西教室ミセス科